“3人だから、できること。

私たちの会社は3人しかいないので、そんなに多くのお客様のお手伝いはできません。けれど、そのぶん密度の濃いお付き合いをさせていただくことができます。お客様にご提案した本人がそのままお手伝いするのだから、そりゃあもう必死です。原稿を書くのも、毎日の投稿も、広告の運用も、ぜんぶこの3人でやっています。自分たちでやるからこそ、お客様のことが肌感覚でわかってくる。もちろんデータも活用しますが、体温だったり、空気感だったり、そんなものがどうしてもこの仕事には必要なのです。ずっとこのスタイルでやってきました。一生懸命にやってきたことがちゃんと成果につながって、お客様にも世の中の人々にも喜んでもらえる。これほど楽しいことはありません。

(最近うれしかったこと)

・お手伝いしているお客様のFacebookページが立ち上げから2ヶ月半で1万人を突破したこと。しかもエンゲージメント率が5%をキープしている。

・お客様である上場企業の社長様がわざわざ当社を訪ねてきて下さり、「自分の会社のFacebookページをみて感動しました」と言って下さったこと。

・インタビューさせていただいたある社長様から、「自分が大切にしてきたことを再確認できた。ありがとう」と涙ながらに言われた。

・となりの会社の素敵な女子に「スーパーエディションさんはいつも楽しそうですね」と言われた。

・八ヶ岳に3人で登れたこと。雲海の向こうに富士山が見えた。

スタッフ紹介

竹田 直隆

なにかに夢中になったことってありませんか。
スポーツでも、勉強でも、仕事でも。

人は夢中になったとき、「理屈」を超越します。 「目標」とか「対価」とか「背景」なんかもすっかり忘れて、 ただ単に集中しているだけの自分がいる。

「人のエネルギーが凝縮する体験」ほど わたしを引きつけるものはありません。そのエネルギー凝縮は、ある種の振動をともない、 第三者に伝播し、共鳴現象をつくり出します。 その共鳴現象こそが人と人とをつなぐ力の源です。

組織の中で「人のエネルギーが凝縮する様子」を紡ぎ出していくこと。それがわたしのライフワークなのかもしれません。今年45歳になります。気がつけば人生の半分が過ぎました。 どんなときも、「いま、この瞬間」を愛おしく思いながら、 生きていきたい。そう思っています。


Profile

1967年兵庫県生まれ。神戸大学文学部卒業後、1990年株式会社リクルート入社。 10年間採用コンサルタントとして、たくさんの企業様の採用をサポートしてきました。 2000年に退社し、広告代理店として独立すると同時に、WEB制作会社の設立に役員として参加。2008年7月、スーパーエディション株式会社を設立。神奈川県藤沢市在住。家族は妻、息子、ビーグル(♂)。

北尾 優大

制作ディレクターをしています。
得意な分野は、Web系、モバイル系、システム系。最近はムービー制作など制作系の仕事もやっています。

私が「ネットの世界」に初めて触れたのは約15年前。当時テレホーダイが主流となっていた時代でした。夜の23時を合図に、年代も住んでる地域もバラバラな人たちが自分のホームページに集まって会話を楽しむ。見知らぬ人たちとつながりが生まれたり、共通の話題で共感し合える喜びを感じた瞬間でした。

この仕事をしていて本当に嬉しいのは、その喜びが味わえること。コミュニケーションのあり方が大きく変化しているソーシャル時代の中で、次はどんな形で、どんな人とめぐり会えるんだろう?そう思うと、楽しみで仕方ありません。

皆様とお会いできる日を楽しみにしております!

Profile

滋賀県草津市出身。近畿大学理工学部卒。
小学生のころからワープロを触りはじめ、高校生で自分のホームページを立ち上げる。この頃からネットの向こうにいる人たちとコミュニケーション取る楽しさを覚えました。趣味はアウトドア。夏になると、登山やキャンプをしに山へ海へとでかけます。そろそろ、冬山のキャンプにも挑戦する予定。

小林 直剛

私は音楽が大好きで、一時期プロを目指してバンド活動をしていました。「ここのメロディをこう変えた方が、もっとグッとくる」「自分が本当に思っている言葉で表現しないと誰にも届かない」などとバンドメンバーとアイデアを突き合わせていきながら、楽曲をつくり上げていく。

一つひとつの作品を心魂込めてつくり上げていくうちに、楽曲がどんどん自分にとってかけがいのないものになっていくんです。それを果てしなく繰り返していくことで初めて、自分以外の誰かに届く音楽ができる。それは、世の中にある組織と呼ばれるものも同じなんじゃないか、と思うわけです。

お客様の課題解決のために。
世の中をもっとよくするために。

あぁでもない、こうでもないと言いながら、精一杯やっていると、自分がやっていること自体がかけがえのないものに変わっていく。そして、それがお客様に伝わっていく。共感を呼ぶ。企業と人々との間に生まれる、かけがえのないきずなを紡ぎ出し、「共感」というカタチに変えていくお手伝いがしたい。そういう思いで、お客様と向きあっています。

Profile

兵庫県神戸生まれ。神戸大学文学部卒。
在学中よりプロを目指してバンド活動(ギター)に専念。バンド解散を機に、スーパーエディションに入社。現在、ディレクターとして、お客様企業の本質に基づいた「共感」とは何かを考え続ける毎日。趣味は作曲、読書(本の虫)。好きな言葉は高杉晋作の「おもしろき こともなき世を おもしろく」。

COPYRIGHT (C) SUPER EDITION INC. ALL RIGHTS RESERVED.
Facebook 運用支援サービス